浄化エネルギーが絶大!!養老の滝と養老神社

参拝レポ(岐阜)

 

当ブログにお越しいただきありがとうございます!

このブログは愛知県を中心に訪れた神社の参拝レポや
アニマルコミュニケーションについてお届けしているスピリチュアルブログです♪

・アニマルコミュニケーションCREA認定講師
・レイキティーチャー
・イラストレーター として活動しています♬

ホームページはこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



見逃さないで!宇宙からのサイン!

突然ふと「◯◯に行ってみたい」とか「◯◯に行かなければ!」と思ったことありませんか?

これって実は見逃したらもったいない宇宙からのサインなんです!


私はある時、ふと「滝を見に行きたいなぁ~」と思ったんですね。

滝の勢いよく流れるその姿を想像してみると・・・

ますます「行かなきゃ!今の自分にこの滝の波動が必要なのかも!?」と思い、次の日高速飛ばして滝を見に行ってきました。


普段からふと脳裏によぎったことは、自分に必要なメッセージを宇宙が投げかけてくれているサインと捉えるようにしています。



この時は「きっと浄化が必要なんだ」と思いました。

その前からも滝にまつわる宇宙からのサインというのはあったんですね!


例えば、主人が仕事の途中でこの養老の滝へ寄ったらしく、その滝の画像がメールで送られてきたことがありました。

今から思えばこのときからサインって始まっていたんですよね。

その後はYou Tubeを眺めていたら、滝を背景に発信している人を見たりしていました。

このように宇宙は「はよ滝に行きなはれ!」ってメッセージを一生懸命送ってくださっていたのだと思います!

霊泉の湧き出る養老神社


私の家から一番近い滝は岐阜県養老にある養老の滝です。

ここはとっても居心地のいい場所ですが、他県で高速も使うので、伺ったのは約1年ぶり。

前回伺った時は「滝まで5分」という新しく出来た駐車場に止めたのですが

今回はゆっくり歩いて滝まで行きたかったので、わざと下の方にある駐車場に停め、滝まで約1キロの距離をゆっくり景色を堪能しながら行きました。


滝まで5分の駐車場は有料(平日500円・休日1000円)ですが、この下の方にある駐車場は無料です。


隣に保育園がある駐車場で、以前は300円支払っていたのですが、無料に変わっていました。
(行楽シーズンも無料かどうかはわかりませんが・・・)

この無料駐車場に停めれば滝まで行く道のりにある養老神社を参拝することができます。



この養老神社の存在は知ってはいましたが、石階段を登った先に鎮座されていることもあり、今までスルーしちゃってたんですね💦


しかし、今回は養老神社へも足を運んでみたのでレポしたいと思います!!



もっと階段を登らないといけないのか?と思っていましたが

そんなことはなく、比較的手前に神社がありました!



御祭神は「菊理媛命」「菅原道真」「元正天皇」「聖武天皇」「天照大神」

創建は不明とのこと。

平安時代は「養老明神」として祀られていたようで、
その後菅原道真、他2人の天皇を合祀したことにより今の「養老神社」に改称したようです。


また境内には今も湧き出る「菊水泉」と呼ばれる霊泉があり、日本の名水100選の一つとなっています。

御祭神の一つになっております元正天皇が浴した美泉と言われています。

天皇がこの泉で手や顔を洗うと肌がきれいになり、痛い所を洗うと痛みが取れたと言われたとか。

菊水泉の由来は、泉の水は菊の香りがすると評判になったことからそう呼ばれるようになったそうです。



この菊水泉から流れる水の透明感がやばいです!!



ジャージャーと勢いよく流れる名水。

どんな水でもそうですが、くれぐれも直接お飲みにはならないようにお気をつけください。

頭痛も治る滝の浄化エネルギーがすごかった!

実はこの日の朝、頭痛がしていたんです。

正直、出かけるのを一瞬ためらってしまいましたが、薬に頼るほどでもなかったので行動にうつしていました。

運転中もなんだか締め付けられるような鈍い痛みが頭を襲っていましたが・・・

なぜか養老へ近づくにつれ、痛みが柔らいでいったんです。

養老の滝駐車場につく頃には、ほぼ痛みはなく、
「あの痛さはなんだったのか」と思えるほどでした💦


この地のエネルギーの強さがわかりますね!



まだ8時台だったこともあり、ほとんど人はいませんでした。

とっても静かで、空気も綺麗!
朝一番に行くことをオススメします!


滝まで1キロということなので、そんなには遠くないというイメージですが・・・

全て上り坂なので、後半はゼェゼェと息をきらしながら登っていました💦

40代も後半になるとこんなにも体力がなくなるのか・・・と自分の体力のなさに絶望感さえ覚えますww



きっついなぁ~~と思いながら、1歩1歩進んでいくと・・・

途中で足取りが軽くなり始めたのです👀


あれ?さっきまで重かった足が軽いぞ!?なんて思っていたら

見えてきました!!

ドドドドド~~と勢いよく流れる滝!!

あと一息で滝壺まで行けますが、足取りが軽いのであっという間に到着です!


高さ30m、幅4mの滝は年中その勢いを保持したまま、私達に癒やしとパワーをもたらしてくれます。


先程の菊水泉は日本の名水100選の一つでしたが、養老の滝は日本の滝100選のひとつとなっています。

誰もいなかったので、滝のそばのベンチに腰掛け、深呼吸や瞑想を始めました。


私のようにエネルギーワークをされている方はわかるかもしれませんが・・・

どうやら人の気を吸うことがあるんですね💦

吸うというか、影響を受けるといったほうがいいのかな。

それで私の場合なんですが、左肩が重くなったり痛くなったりするんです。



ですので、度々このように強力なエネルギーを発する場所へ出向いて浄化をしなければいけないのかもしれません。

自己ヒーリングなどで自身の浄化をする方法はあるのですが、これでは追いついていないのかもしれません(^o^;




滝壺のそばにある「不動明王」にご挨拶をします。


いつまでもここにいたくなるような居心地のよさでしたが、20分もいると体が冷えてきて寒い💦


途中、両手を滝に向けて瞑想しているような人もいました。

ここへ来ると、リセットされるし、また浄化された体に滝のエネルギーが入るので元気になるんです。


エネルギーを満タンにしたところで、駐車場まで戻ります。


幻想的なひょうたんランプ



駐車場から滝までの道のりには何軒かの土産屋さんやカフェがあるのですが

この中でも「吉田商店」さんでは、ご主人手作りのひょうたんランプを見ることができます。

お店の隣にギャラリーを設けてあり、入場料100円でたくさんのひょうたんランプを見ることができます。



肉厚のひょうたんのほうが出来がよく、薄い方はよくないらしい。

しかしランプにした時は皮の薄いほうが光が増して明るいです。


奥様がエンピツで下絵をし、ご主人がドリルで穴を開けるという、夫婦合作です。

驚いたのは下絵は直接描いているとのこと。

型紙とか一切ないそうです。それもそのはず、ひとつひとつのひょうたんは微妙に大きさや形が違うので型紙なんて作れません。


型紙もなしで、このような繊細な模様を直接描くのってすごいことです💦

ドリルで穴を開けたあとは研磨するそうですが、上写真の様な模様はかなり時間がかかるとのこと。


こちらのランプ達は販売はしておらず、ご主人も「売る気ない」そうですww

この吉田商店さんはお土産屋さんでもあり、岐阜の土産が店頭に並んでおります。

私はひょうたん漬けを買ってみました。



しば漬けなのですが、ご飯のお供に合いますよ!


以上、養老の滝のレポはいかがでしたか?

秋はまた紅葉が綺麗でしょうね🍁

では今日も見てくださりありがとうございます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました