新幹線から見える神社が気になったので行ってみました(愛知県豊橋市)

参拝レポ(愛知)

🎈ご覧いただきありがとうございます🎈

神社大好き❣動物大好き❣
アニマルコミュニケーターCHIHARUです❣

当ブログは愛知県を中心に訪れた神社の参拝レポや動物と話す「アニマルコミュニケーション」について、また日常における様々な悩みを解決に導くヒントをお伝えしております!

・アニマルコミュニケーター
・レイキヒーラー
・イラストレーター として活動しています♬

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

私は普段、静岡県浜松市で暮らしている長女の家に行くときは快速電車だったり、新幹線だったりと交通機関を利用して行くのですが。


新幹線で行った時、必ず目にする神社があるんですね。

その神社は東海道新幹線の真横に位置し、豊川(愛知県)の手前にあります。

新幹線は高架線なので普段通る時は、上から神社を眺めていました。


こじんまりとした神社なのですが、そこから発せられる木のエネルギーに惹かれたのです。


「今度車で通った時に寄ってみよう」そんなことを思っていたのですが、車でここまで来る用事がなにもなく・・・1年ほどが過ぎていました💦


それから幾度となく神社を目にし、そしてついに!!

車で浜松まで行ける機会に恵まれたので、寄ってみることにしました!!



神社の名前は「進雄(すさのお)神社」

豊川ICで降り、気になる神社の前に以前も参拝したことのある「砥鹿(とが)神社」へ参拝に行きました。

以前訪れた砥鹿神社の参拝レポはこちら

そして砥鹿神社より車で約20分のところに、気になってる神社がそこにあります。

到着~~!!!

舗装された駐車場はありませんが、数台停められるスペースが境内にありました。

調べてみると、豊川稲荷近くにも「豊川進雄神社」があるようです。

(他、豊橋市内に2件の進雄神社がヒットしました)

しかし、今回は「ピン💡」と来たこちらの神社にお伺いしています。

こちらの神社はご近所の氏子さん達によって管理されているようで、この日は何名かの方が集まっていました。


なかなか趣のある神社ですね!!

1311年に創立されたようですが、大津波で流失したことにより、1544年に再建されたと記されておりました。

その後、牛頭天王社を「進雄神社」と改称。現在の社殿は明治5年に完成し今に至るそうです。


明治初期に完成された社殿に参拝させていただきました。
空襲被害もなくよかったですね。


そして、境内を散策。

社殿の右側に三社並んでいるのを見つけました。

真ん中には「神宮社」
両隣は・・・稲荷社ともう一つは忘れてしまった・・💦ww

脈打つ木のエネルギー

この木がおそらく、新幹線からいつも感じ取っていた木だと思います。

不思議なことに、向かい合った方面には枝が伸びていません。

こんな枝の生え方ってあるのかな?と思って調べてみるも・・・

似たような現象の記事には出会えず未だに謎。

しかし、木には不思議なことに「お互いに譲り合う」こともあるんだとか💡

こんな 感じ??ww

木と木の間に立ち、少しグラウンディングをしたあと

そっと木を触ってみました。すると・・・

ドクン、ドクン、ドクン・・・

んん??  なんか脈うってない??

いや、私の脈なのか??
いや、そんなはずもない!

この状態で自分の脈を感じることはできない・・・はず💦

木に心臓でもあるんじゃないかと思うくらい、ドクンドクンいってまして💦

なんとも不思議でしたが、この場を後にしました。


木って、本当に不思議。

「木霊(こだま)」といって、木に宿る精霊がいるという話は聞いたことがあると思いますが、目には見えないだけで、なんかエネルギー感じるなと足が止まってしまう木には・・・


きっと木霊たちが住んでるんじゃないかと思います。

皆さんも「木霊さん」探してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました