2022年お伊勢参り1泊2日コース!内宮正式参拝!

参拝レポ(三重)

🎈ご覧いただきありがとうございます🎈

神社大好き❣動物大好き❣
アニマルコミュニケーターCHIHARUです❣

当ブログは愛知県を中心に訪れた神社の参拝レポや動物と話す「アニマルコミュニケーション」について、また日常における様々な悩みを解決に導くヒントをお伝えしております!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2022年2月、下記の日程でお一人様旅行をしてきました!

今回のコース

1日目瀧原宮参拝
     ↓

    伊雑宮参拝
     ↓

    休日のおかげ横丁満喫

     ↓

    外宮別宮「月夜見宮」参拝 

     

2日目外宮(正式参拝)

    ↓

    内宮(正式参拝)

    ↓

    猿田彦神社参拝

    ↓

    倭姫宮参拝

    ↓

    椿大社参拝(三重県鈴鹿市)

外宮参拝後は内宮へ向かいました!

平日の朝は駐車場も直ぐに停められます🚙

正式参拝レポ(特別参拝)~内宮~

1年ぶり~🎵

日本の最高神、天照大御神がご鎮座される伊勢神宮(内宮)はほとんどの方が「一度は行ってみたい!行きたい!」と思う場所ですよね。

隣県だけにこうして年に1度は伊勢まで出向き、参拝できることに心から感謝です🎵

お天気も良く、鳥居が神々しいです✨

この鳥居をくぐり宇治橋を渡ります。ここからは神域。
人間の世界と神様の世界の境界線でもあります。



内宮の参道はとっても長く約750mもありますが、周りは自然がたくさんで、杉の木の太さに圧倒されながら歩いていると、あっという間に正宮に着いてしまいます!


途中、手水舎があるのですが、その先の五十鈴川で手を清めることもできます!
五十鈴川は伊勢市を流れる宮川水系の一級河川です。

普段はここに数名の人たちがいるのに、珍しく誰もいません。

一説によると、倭姫命が御裳の裾の汚れを濯いだという伝説があり、御裳濯川(みもすそがわ)の異名を持つそうです。

五十鈴川でお清めします。
お水・・・かなり冷たかったですww


正宮に到着しました。

こんな風に人が映り込まないように撮影できることって滅多にない👀
25段の石階段からは撮影禁止となっています。


いよいよ特別参拝です🎵
特別参宮章を神職さんにお見せします。

外宮同様、同じ時間帯に特別参拝する方がおらず、おひとり様での参拝です!

外宮もですが、この場ではお願いごとよりも、日々何事もなく平和に暮らせていることに感謝します。
宇宙の平和、人々や動物たちの真の平和をお祈りしました。

内宮別宮「荒祭宮」

正宮参拝後は別宮である「荒祭宮」へ参拝します。
御祭神は天照大御神荒御魂です。


内宮に所属する十所の別宮のうち第一に位しています。
個人的なお願い事はこちらの社殿でお参りされるといいかと思います。


内宮の御朱印



御朱印をいただいたあとは、「参集殿」とよばれる参拝客の休憩所に立ち寄りました。
ここでも御朱印帳やお守りなどが購入できます。

お札やお守りについてはこちら

そろそろ今使っている御朱印帳がなくなりそうなので、西陣織のきれいなブルーの御朱印帳を購入しました!

中を開くと、「伊勢神宮」についての詳細が3ページに渡り書かれてあります。
これを読むだけで伊勢神宮の知識がぐんとアップ!


伊勢神宮は通年午前5時から参拝が可能なので、次回は「朝参り」をしてみたいなと思っています。


普段、なかなか伊勢方面に行かないので、行ったときはまとめてあちこち参拝してしまいます。

なので、ゆっくり伊勢神宮境内を回ることがほとんどありません。

内宮の中でもまだ踏み入れていないエリアもあるので、次回はそんなエリアにも足を延ばし、ゆっくりと参拝したいなと思ってます。

またその際はこちらでレポートさせていただきますね!


伊勢といえば赤福!赤福ぜんざい

内宮参拝後はとっても寒かったのもあり、赤福ぜんざいをいただきました♬
伊勢といえば「赤福」ですね!!

赤福は1707年開業という、創業300年以上というとっても歴史のあるお店なのです。


あずきは、食物繊維やタンパク質、ビタミンB群、鉄やカリウムといったミネラル、サポニンやポリフェノールを含んだ健康食品だそうですよ!

昔の人は、小豆のパワーで病気の予防をしていたそうです。

伊勢に来た際は是非、赤福ぜんざいをご賞味ください!
夏場は「赤福氷」が食べられます♬



コメント

タイトルとURLをコピーしました